妊娠29週目とはどのような時期か

妊娠中のおかあさんにとって、今、自分や、お腹の中の赤ちゃんは、どのような状況なのかは、妊娠週数によって知ることができます。では、妊娠29週目とは、いったいどのような時期のことなのでしょうか。29週とは、妊婦になってから8か月目の第二週のことです。この時期辺りから、赤ちゃんはお母さんのお腹のなかで急速に大きくなることで、外に出る準備をしはじめるため、お母さんが一日に摂取しなければいけないご飯の量も、必然的に増えてくることになります。しかし、やみくもにカロリーだけひたすら摂取すれば良いというものでもありません。栄養バランスを上手に考えて、自分にとっても、赤ちゃんにとっても、適当な量のご飯を食べるようにしましょう。また、下半身がどんどん重くなり、人によっては、足腰に負担がかかりすぎて、いたいと感じることもあるようです。

妊娠29週目に起こることとは

妊娠中は、非妊娠時に比べて、考えられないような変化が次々と起こります。では、29週目には、いったいどのようなことが起こるのでしょうか。この時期になると、夜にぐっすり熟睡できないというかたがたが多くいます。夜中に何度も目が覚めてしまったり、目が冴えてあまり眠りが深くならないという人が増えるようです。また、お手洗いが異常に近くなるという特徴もこの時期によく聞かれます。お手洗いに行ってもまたすぐにいきたくなるということを繰り返す妊婦が大勢います。また、この時期は、早産になりやすい時期でもありますので、少しでもお腹に違和感を感じたら、医師に相談をするようにしましょう。お腹に張りが出ると危険なので、日常生活を送る上でも、動きすぎに注意をしたり、疲れたらすぐに休んで、お腹の張りが少しでもなくなるように工夫をしましょう。

妊娠29週目の時期とは

妊娠29週目とは、主にどういったことが、お腹の赤ちゃんや、お母さんに起こりうる時期なのでしょうか。この時期の赤ちゃんは、お腹のなかで、既に何かを自分の頭で考えたり、記憶したりすることができるようになります。脳の発達が著しい時期でもあり、感情が芽生えてきたりもします。身長は人にもよりますが、だいたい40センチ前後となり、体重も1500グラムまで大きく成長をします。それにともない、お母さんの体にかかる負担は日に日に大きくなり、歩くのも大変になってきます。下半身が常に重く、起き上がる際にも、少し気合いをいれる必要が出てきます。また、胎動を激しく感じる時期でもありますので、それによって、夜睡眠が取りにくくなるという人もいるようです。胎動と同時に、赤ちゃんの動きもどんどん大きくなり、手足で蹴る様子も感じられるようになります。