TOEICって難しいと思っていませんか

TOEICは英語資格として非常に有名となっており、多くの人が受験した経験があるでしょう。もちろん、これから受験を考えている人もたくさんいるでしょうが、どうしても難しいというイメージを持ってしまいがちです。確かに、高得点を目指すのであればしっかりと勉強をしなければいけませんし、付け焼刃の対策で何とかなるような試験ではありません。ただ、決して国家試験のように難問が次々と出題されるわけでもありませんし、専門的な知識を要するわけではないのです。したがって、たとえ英語が苦手な人であっても、努力次第で十分に高得点を取ることが可能ですし、目標とするスコアを目指すことができるのです。就職活動や仕事の昇進など様々な場面で活躍するので、是非ともチャレンジしておきたいところです。

問題の難易度自体は決して難しくない

TOEICの試験は、決して問題の難易度自体は高くないのです。少なくとも、かなりの専門知識がないような解けない問題や、相当な思考力を要するような問題が出題されることはまずありません。1つ1つの問題の難易度は、大学受験の基本から標準レベルが大半となっていますし、それらの問題を解けるだけの英語力があれば、十分に対応することができるのです。もちろん、そのレベルにすら到達していない人であれば、まずは基礎からしっかりと勉強をしていく必要があります。しかし、大学受験で英語の学習をしてきた人や、英語検定で2級レベルの実力があれば、解くことができない問題はほとんどないはずです。それなりの英語力を持っている人なら、ある程度の慣れと経験を積み重ねるだけでも、まずまずのスコアを目指すことが可能なのです。

なぜ苦戦してしまう人が多いのか

しかし一方で、それなりの英語力があるにも関わらず、TOEIC試験に苦戦してしまう人も多いでしょう。その理由としては、1つ1つの問題はそこまで難しくないのですが、問題数が非常に多いことから、時間内に解き終えるのが難しいのです。時間をかければ正答できる問題でも、制限時間の短さによって焦ってしまい、思うようにスコアを伸ばせない人がたくさんいるのです。したがって、時間内に全ての問題を解くだけのスピードと、確実に問題を解くための正確さの両方を鍛えていかなければならないのです。これに関しては、問題集を繰り返し解いたり、TOEICの試験を定期的に受けたりするなどして、実戦力を養っていくことが重要になるのです。それができるようになった時に、初めてハイスコアを取れるようになるのです。

英語学習法があふれている中で、TOEICのスコアを上げたいという具体的目標を持った生徒さんたちをターゲットに、集中して講義をします。 教え方に自信あり、得点アップ保証制度(授業料50%~70%引きで再受講可能)があります。 「日本語を介さず、英語を英語のまま」理解する回路をつくる「ダイレクトメソッド」を採用。 英語力を身に着けてTOEICの得点アップに!